オーストラリア

世界第6位の広大な面積を有する大人気の観光地

オーストラリアはオセアニアの大陸部に位置し総面積760㎢以上と世界でも第6位に入るほどの広大な面積を有しています。 オーストラリア大陸の周辺にはパプアニューギニアやニュージーランドなど美しい風景を誇る小さな島々が複数点在しています。 世界各国から多くの観光客が訪れ2015年には820万人以上もの渡航者が旅行目的で訪れているというデータが発表されています。一度は訪れてみたい人気の国オーストラリアをご紹介します。

オーストラリアの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。オーストラリアで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうオーストラリアの魅力

1. エリアごとに異なる風土

南半球に位置するオーストラリアの気候は日本とは反対になります。 日本の21倍もの国土を誇るオーストラリアの風土は熱帯性や砂漠性、湿帯性など地域によって大きく異なります。「オペラハウス」など人気観光スポットを有するシドニーは年間を通して過ごしやすい湿帯性気候です。ただし昼夜の気温差が激しいため出かける時は一枚羽織れる物を持ち合わせるといいでしょう。また、多彩な楽しみ方ができる事でも人気のケアンズは熱帯性気候です。年間を通して暖かい日が多く冬場でも上着一枚プラスすれば快適に過ごせます。

2. 多国籍料理とオーストラリアグルメBBQ

オーストラリアはヨーロッパやアジアなどからの移民を多く受け入れてきました。そのため多国籍料理が中心となります。日本料理やフランス料理などといった国独自の文化を受け継ぐ料理成るものが存在しませんが、唯一オーストラリアグルメといえばバーベキューが挙げられます。家庭料理としても親しまれている国民食です。オーストラリアには美しいビーチが多数点在しています。多くのビーチではバーベキューができる設備が完備されています。みんなでオージービーフを囲んで楽しくバーベキューを楽しめます。

3. 日本語対応スポット多数点在

オーストラリアの公用語は「英語」となります。イギリス英語を基本としていることからイントネーションやアクセントに共通する部分がみられます。親日家の多いオーストラリアではレストランや免税店、ホテルなどでも日本語を話せるスタッフが常駐しているスポットが多数点在しています。人気観光地であるケアンズのレストランでは日本語メニューなども完備されているグルメスポットも複数あります。しかし、地域によって異なるので外出時には海外旅行で持ち歩く英会話ツールは必要です。

4. 比較的治安良好!安全に楽しむための注意点

オーストラリアの治安は世界的にみても比較的安全といわれています。しかし、日本に比べると多くの危険が潜んでいます。人通り少ない通りや夜道の一人歩きは危険です。また、人通りが多くても繁華街などはスリや置き引きなどの被害も多発しているため十分注意が必要でしょう。ビーチやアミューズメント施設などでも置き引きやスリが目立ちます。狙われないためのポイントとしては、高価なものは持ち歩かないことです。また車上荒らしや、車の盗難も多いため車外から見える場所に現金や高価なものを置かないことが大切です。

5. 移民者多数、全体的に気さくで陽気な人柄

オーストラリア人口はおよそ2400万人で人口増加率は9%と高い傾向にあります。国で行っている移民政策により世界各国からの移民者を多く受け入れているため、オーストラリア住民の出身国は様々で文化、言語、宗教など統一されていないことが特徴として挙げられます。オーストラリア人の性格は全体的に気さくで陽気な人たちが多いといわれていますが広大な敷地を有し気候もエリアによって大きく異なる事からその土地ごとで住民の性格や気質も大きく違ってきます。

6. 一枚あると便利なオーパルカード

オーストラリアはいくつもの都市が点在しています。交通事情は都市によって大きく異なりますが、主な交通手段はバス、電車、モノレール、地下鉄が中心となります。
人気のシドニーを拠点として観光するなら、「オーパルカード」が便利です。オーパルカードは日本でいうところのスイカのようなチャージ式カードです。これ1枚持っているだけで、電車、バス、フェリーなどを利用することが可能でブルーマウンテンやイラワラなどにも行くことができます。カードの発行手数料はかからず、チャージはコンビニやインターネットなどもからも行うことができます。

  1. メルボルンで人気の民泊物件を探す

  2. シドニーで人気の民泊物件を探す

ページ上部へ戻る