香港で人気の民泊物件を探す

香港は、中華人民共和国の南部に位置する特別行政区です。150年以上に渡ってイギリスの植民地だった歴史があり、1997年に中華人民共和国に返還されました。このような歴史的背景もあり、香港の公用語は英語と広東語となっています。香港は、香港島、九龍半島、新開とそれを囲む島々で構成されており、沖縄本島と同等の面積に700万を超える人々が住んでいる世界でも有数の人口密集地域です。人口の95%が華人で、残りは外国からの移住者で、中でも多いのが住み込み家政婦をしているフィリピン人です。春・夏は高温多湿で、秋・冬は温暖で乾燥した温帯夏雨気候です。巡回している警察官が多く、治安は、かなり良く、世界で外国人旅行者が最も多い観光都市です。

香港の民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。香港で民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わう香港の魅力

1. エリアごとの魅力に触れて

ビクトリア港を挟んで、香港島エリア、九龍エリアに分かれています。中心部には高層ビルが立ち並び、その中に香港特有の歴史的な街並みやストリートが混在し、香港独特の雰囲気を醸し出しています。とても狭いエリアに魅力が詰まっているので、短時間でショッピング、食事、観光を満喫できる点も魅力です。香港名物の乗り物、二階建てトラム、スターフェリー、路線バスと市内交通網も発達しており、しかも安く便利です。路線バスも二階建てが多く、そこからの眺めを楽しみながらの観光もおすすめです。

2. 香港エリアに詰まった魅力

ビクトリア港の南側の地区で上環と中環エリアがあります。上環は古い中国の面影を感じることができるエリアで、キャットストリートには乾物屋や漢方薬局店が軒を連ねています。中環は巨大ショッピングセンターのランドマークがあり、一方で、国際金融都市の中枢も担っています。そして、夜景が美しいビクトリアピークを訪れるには、登山列車のピーク・トラムが便利です。また、郊外に目を向けると、香港一のビーチリゾートや香港海浜公園など人気観光地があります。

3. 九龍エリアに詰まった魅力

九龍エリアはビクトリア港を挟んで北側の地区となります。香港島とは様々な交通手段で往来ができます。ネイザンロードがレストラン街のある尖沙咀、ヒスイ・雑貨・野菜・果物などを扱う屋台街のある油痲地、女人街・男人街がある旺角を真っ直ぐに結んでおり、地下鉄や路線バスでの移動が便利です。また、香港映画スターの手形や銅像が並ぶアベニュー・オブ・スターズもぜひ訪れたいおすすめの観光スポットです。黄大仙は道教の寺院で、参拝の後は占い横丁で占ってもらうのも旅の思い出になります。

香港のおすすめ民泊観光スポット

1. スターフェリーからの絶景

スターフェリーは香港島と九龍半島を結ぶ船で、150年の歴史があります。観光客の利用が多い尖沙咀から中環のルートは所要時間6分のクルージングですが、両岸に見渡せる香港の街並みを一度に満喫できます。お天気に恵まれた日にはビクトリアピークの展望台やその山麓に建てられた豪邸の数々も見渡せます。夜は、世界三大夜景である香港の夜景を楽しみ、そして、街のネオンやビルの照明の光が水面に反射し、昼間とは違ったビクトリア湾の魅力を感じることができます。

2. 宝連寺の天壇大仏

天壇大仏は香港最大の島であるランタオ島にあり、屋外にある大仏では世界最大です。トンチョン駅からケーブルカーに乗り、30分の空中散歩をしながら絶景も楽しめます。そして、終着駅に降り立つとまるで天空にいるような不思議な気分になります。続いて参道を抜けると巨大な大仏が目に飛び込んできて、その大きさにもう圧巻です。268段の階段を上るのは少し大変ですが、近くで参拝して大仏の中の展示館も拝観するのがおすすめです。

3. スタンレー

スタンレーは香港島の最南端に位置する小さな海辺の街です。イギリスの植民地時代には香港最大の漁村で、今もお洒落なレストランやパブが数多く軒を連ねており、ヨーロピアンリゾートの雰囲気を味わうことができます。中国雑貨や洋服など観光客の心を掴む品が並ぶスタンレーマーケットやコロニアル建築のマレーハウスは外せない観光スポットです。また、オープンテラスのバーやパブでは、昼間からお酒を飲むことができ、美しいビーチを眺めながらゆっくり食事をするのもおすすめです。

ページ上部へ戻る