深圳で人気の民泊物件を探す

深圳市は中国南部、広東省にある人口は約1,500万人の工業都市です。その街並みは現代的な高層ビルや建物が立ち並び、経済的に発展している様子がうかがえます。香港の新界と隣接しており、経済特区に指定されていますが、世界都市ランキングでも中国第4位の評価を受けている都市です。中国国内では工業地域として、外国資本による製造業が非常に発達してきましたが、近年では情報通信業、サービス業の分野でも急速に発展しています。労働者が流入して都市が形成された経緯から言語は広東語ではなく、北京語を使う人が多いのも特徴です。年間平均気温は22.3℃、穏やかな亜熱帯気候であり年間を通じて観光には適している都市といえます。

深圳の民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。深圳で民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わう深圳の魅力

1. 香港のお隣の現代都市

深圳の最大の特徴は、香港に隣接する大都市であるということです。中国国内屈指の大都市といわれていますが、世界都市ランキングでは世界73位の位置にあり、国内的には北京市、上海市、広州市に次いで第4位です。GDPも香港を抜き、経済的に急速に発展している都市といえます。しかしながら香港より物価が安いため、香港の人々が買い物に訪れる場所という側面も持っています。外国資本の製造業、繊維業、情報処理・通信サービス業などの企業によって経済発展した都市です。

2. 広東語を話す人はほとんどいない

広東省、香港の近くとなると言語は北京語ではなく広東語では、というイメージを持つ人も多いのですが、深圳市は労働者の流入によって都市形成された経緯からか、いわゆる「地元民」である広東語を話す人よりも北京語が主流となっています。広東語はほとんど聞くことがない都市なのです。旅行者にとってはより難解な広東語よりも北京語が通じやすいため観光もしやすい都市なのです。北京語で耳の慣れている私たち日本人旅行者にとっては親しみやすいともいえます。

3. 現代的な街並みと自然の両方が楽しめる

深圳の街の地形は、海と山に隣接したデルタ地帯。街の中心部は大都市といった様子で高層ビルが立ち並んでいますが、公園やテーマパークが多く存在し「緑の多い街」として知られています。深圳の旅行では、市街地の観光・ショッピング・グルメだけでなく少し足を伸ばして東部に行くとテーマパークや自然アクティビティも一緒に楽しめる土地なのです。数あるテーマパーク巡りをするのも深圳観光の楽しみの一つとなります。   

深圳のおすすめ民泊観光スポット

1. 錦繍中華

深圳観光で人気ナンバーワンのスポットです。中国の歴史的な建造物や史跡、人物のミニチュアレプリカが広大な敷地内に配置されていて、中国の歴史に興味のある人もない人も充分に楽しむことができます。万里の長城や、兵馬俑、北京の旧展望台、敦煌の莫高窟といった誰もが知っている歴史建造物や遺跡の精巧なレプリカを見て回ることができます。公園と隣接しているので、歩き疲れたら休むこともでき、ゆっくりとくつろいで見学することができる場所なのです。

2. 華僑城(大峡谷)

深圳市内にある遊園地やテーマパークの中でも山一つをまるごと使った巨大な施設がこちらの華僑城です。敷地面積9万平方キロメートルという広大な敷地内にはメインの遊園地である大峡谷、自然を満喫できる茶渓谷、寺院のある大華興寺の3つのエリアに分かれています。大峡谷のアトラクションには絶叫系も多くあり、日本とはまた一味違う手加減なしの迫力満点アクティビティを満喫したい方にはうってつけの観光地となっています。

3. 京基100

高層ビルが立ち並ぶ深圳でも最も高いビルで、地上439.8メートルもの高さを誇ります。近くまで行って下から見上げてみるとその高さを実感します。展望台からの眺めはまでは素晴らしく、深圳市内や香港市街までを一望できます。夜は夜景が非常にきれいで人気のスポットです。ビル内の低層階は有名ブランドのショップや飲食店などが入っており、ショッピングが楽しめますので半日程度の時間を見ておくとよいでしょう。 

ページ上部へ戻る