チェコ

プラハを中心とした歴史を感じられる国

チェコは中央ヨーロッパに位置し、首都はプラハです。1993年にチェコスロバキアがチェコとスロバキアに分離しました。世界遺産も多く中世そのものの街並みが多く存在しています。特に首都プラハはヨーロッパの魔法の街といわれるほど美しく、長い歴史を感じられる都市です。そのプラハの中でも有名な旧市街広場はカフェやお土産物屋さんや馬車など観光客に人気の場所となっています。文化復興の象徴となった国民劇場は国民の自信と威厳が感じられます。

チェコの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。チェコで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうチェコの魅力

1. 四季を感じられる、さわやかな心地よい気候

チエコは日本の北海道よりも北に位置していますが、北海道よりも気温は高いです。また、日本と同じく温帯気候のため春夏秋冬があります。3月ごろ春になり、サマータイムも始まりますが梅雨や台風はありません。夏も湿気は少なく気温もあまり高くならないので過ごしやすいです。朝夕の気温差が激しいので、体温調節ができる服装が必要ですし、寺院で肌をさらけ出すのはマナー違反なので上着が必要です。チェコを訪れるのは過ごしやすい春や秋がおすすめです。

2. なじみは少ないが以外と日本人好みの味

チェコはヨーロッパ周辺国々から輸入されているが、その中でもチェコの料理は大体美味しいとされています。フランスやイタリアのように洗練されたものではありませんが、素朴でシンプルなものが多く味付けもマイルドなものが多いです。ただし、量が多いということもあり、メニューには値段だけでなく、それぞれのアイテムがグラム表示されているのでとても便利です。料理の値段はプラハ中心部は郊外よりも高いが西欧よりは安いです。もちろん高級レストランもあります。

3. ほとんどの人々が英語を話せる観光客に安心な国

チェコの公用語はチェコ語で国民の約90%が使用しています。しかしながら英語を話す人がたくさんいるので観光客でも安心です。年配の世代はロシア語やドイツ語が通じることもありますがフランス語やイタリア語、スペイン語はあまり普及していません。観光地の観光インフォメーションでは必ず英語の話せる人がいますので観光客には安心です。街中で道などを聞きたい場合は若い世代の人に声をかければたいてい英語を話すことができます。

4. ヨーロッパの中でも比較的治安の良い国

チェコはヨーロッパの中でも治安が良い国です。世界一治安が良いとされる日本と比べると多少の注意は必要です。観光地といえばどこでもそうですが人込みでのスリやひったくりには注意が必要です。首都プラハで特に注意するべき場所は旧市街広場やプラハ城などたくさんの人が集まる場所は特に注意が必要です。また、トラムやバスなどの公共交通機関を利用する際も注意してください。このような被害に遭遇しないためにも荷物や現金は必要最低限にし、自分の荷物はきちんと管理をするという最低限の注意が必要です。

5. 素朴で優しいが宗教に関しては無頓着な国民性

チェコでは西側半分の地域を「ボヘミア」、東側半分を「モラヴィア」と呼ばれているように国民性も大きく違いがあります。また、歴史的にも東西の境界線的な国であるため両側の思想が入り混じっているといえます。素朴で優しい親切な人が多いです。チェコはビールが有名なため、一年365日毎日お酒を飲んでいるので女性もお酒に強いです。宗教に関しては20世紀前半まではキリスト教派によって形成されていましたが現在のチェコは世界で最も宗教人口の少ない国となりました。

6. 国内、プラハ市内移動には困らない様々な交通手段

チェコの主な交通機関は鉄道やバス、トラムにタクシーと移動には困ることはありません。チェコ鉄道は首都プラハを中心に全国を網羅しています。バスは国内を細かく網羅していますので近距離は料金も安く速いためバスがおすすめです。トラムはプラハ市内を縦横に走る路面電車です。頻繁に検札が行われています。タクシーを利用する際は道で客待ちをしているタクシーは避け、無線タクシーを電話で呼び出すほうが安全です。ホテルのタクシーは少し割高です。

  1. プラハで人気の民泊物件を探す

ページ上部へ戻る