ストラスブールで人気の民泊物件を探す

ストラスブールは、フランス北東部の、ライン川の岸辺にある都市です。フランスのアルザス=シャンパーニュ=アルデンヌ=ロレーヌ地域圏の首府であり、バ=ラン県の県庁所在地としても機能しています。ライン川をこえた対岸にはドイツの都市であるケールがあり、パスポートチェック無しで自由に行き来できるので、ひとつの商業都市として栄えてきました。世界遺産に登録された歴史史跡も多く、フランスとドイツが領有権を争った地域として有名です。そのためヨーロッパの歴史を象徴する都市として、欧州の主要な国際機関も置かれています。コウノトリを街のイメージキャラクターとし、土産物としても定着しています。

ストラスブールの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。ストラスブールで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうストラスブールの魅力

1. ドイツとフランスの文化が融合した街

ストラスブールはフランスにありながらも、ところどころにドイツの歴史を感じさせる建物が見られる不思議な街です。ライン川を含めた街の景観は、両国が取り合いをしたほど独特の魅力に溢れ、非常に優れています。ドイツを思わせる木造りの家並み。それをライン川の上から、フランス造りのゴンドラに乗って眺めれば、歴史の狭間に生まれた街の持つ唯一の雰囲気を、存分に楽しむことができます。何度歩いても飽きないと称される伝統豊な通りは、散策好きの観光客にも非常に人気です。

2. アルザス伝統、魅惑のスイーツの数々

ストラスブールの街を歩くと、至る所で美味しそうなスイーツが目に飛び込んできます。アルザス地方の銘菓であるクグロフをはじめ、フルーツを使った色とりどりの可愛らしいプティ・ガトーなどは、女性観光客に大人気。スイーツ巡りを目的に街を訪れる人も少なくありません。そして、アルザスで育まれたパンの文化も人気の秘密。パン・オ・レザン、ブリオッシュなど、お菓子の街ならではの芳醇なバターの香りが、旅人の鼻と心をくすぐります。

3. クリスマス時期の旅行先に最適

ストラスブールには、クリスマスマーケットといって11月終わりごろから始まる一大イベントがあります。マルシェ・ド・ノエルとも呼ばれ、出店や催しが各広場で行われ人々で賑わいます。クリスマスの装飾と可愛らしいグッズでいっぱいになった街は、輝きで溢れ、その雰囲気は人々に大人気です。ヴァン・ショーというホットワインを楽しみながら、鮮やかなイルミネーションの中を歩けば、きっと生まれて初めてのクリスマスの思い出ができるでしょう。

ストラスブールおすすめ観光スポット

1. ストラスブール大聖堂

ストラスブール大聖堂は街の中心にあり、1988年には旧市街とともに世界遺産にも登録されています。ストラスブールのランドマークとして人々に愛され、完成以来500年以上、絶えず修復を繰り返し荘厳な姿を保ってきました。造りは重厚で、その大きさは全体の写真を撮るのが難しいほどです。また、聖堂内のステンドグラスは非常に芸術的で、思わずため息が出てしまう鮮やかさです。からくり時計の観覧は有料ですが、他は無料で見学できるので、気軽に訪れることができます。

2. 美しい博物館、パレ・デ・ロアン

パレ・デ・ロアン、通称ロアン宮は、マリー・アントワネットがフランスに来た際に立ち寄った場所として知られる有名な宮殿です。宮殿内は博物館として利用されていて、その構成は装飾博物館、考古学博物館、絵画美術館の3つに分かれています。それぞれに入館料を払う必要がありますが、どれも他では見ることのできない充実した内容です。特に人気なのは絵画美術館で、ルーベンスやラファエロ、ゴヤなど歴史的価値の高い絵画の数々が並んでいます。時間がある時には、じっくり時間をかけて全て回るのもよいでしょう。

3. ラ・プティット・フランス

ラ・プティット・フランスは、ストラスブールの外れにある、アルザス伝統の木組みの家が密集した地区です。石畳の中におとぎ話から出てきたような家々が並び、プティフランスの透明感ただよう雰囲気を味わうことができます。川沿いにはレストランやカフェもあり、テラスでは地元の人々が楽しく食事をする風景を見ることができます。土産物もあり、観光客が散策するのにはぴったりのスポットです。観光客向けに、景色が一望できる水上バスも運航されているので、様々な楽しみ方ができるのも魅力です。

ページ上部へ戻る