ベルリンで人気の民泊物件を探す

ベルリンはドイツの首都であり、ドイツ最大の都市です。人口は約350万人にも上り、EU全体で見ても2番目に位置する大都市です。首都圏であるがゆえに様々な経済、産業が発達していますが、歴史的にとても価値のある都市でもあります。居住している民族分布は、ヨーロッパ系が80%を超えていますが、近年では移民由来の居住者も多く、中東やアジア、アメリカなど様々な国籍、民族が暮らしている都市でもあります。ドイツ東部に位置するベルリンは、地理的な特色として周辺に森林が多いことが挙げられます。気候は年間を通してゆるやかで、湿地帯ではあるものの雨量は平均的です。主要施設が密集しているため、交通インフラが充実しているのもベルリンの特徴です。治安については、他のヨーロッパの都市と比べ比較的安全といえます。

ベルリンの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。ベルリンで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうベルリンの魅力

1. ドイツの全てがベルリンにある

政治や経済、文化などの中核となる施設が点在している国が多い中、ベルリンではドイツの主要な施設を全て目にすることができます。政治の中心である連邦首相府、行政を直轄するドイツ連邦議会議事堂。経済的な面では、商業、工業、金融などの主要産業の本社も多く、中でもポツダム広場に建立されたドイツ鉄道本社などが著名です。観光地としても有名な文化的な建築物や、教育機関、研究機関も多く、芸術分野やスポーツイベントなども有名です。ドイツのあらゆる文化を伺い知ることができる点もベルリンの魅力です。

2. ベルリンを網羅する発達した交通網

様々な分野で主要な役割を担うベルリンでは、街の発展と同時に交通インフラも整備されてきました。ベルリン市内では約1000本近い橋が点在しており、また、5000km以上の道路網が敷設されています。そして鉄道機関も非常に発達しており、ドイツ鉄道とベルリン市交通局が都市圏の交通を緻密に管理しているため、近距離、遠距離問わずあらゆる場所に手軽に向かうことが可能です。また、ベルリンは自転車専用レーンが整備されているため、距離に応じて様々な交通手段を選択することが可能です。

3. トラディショナルとモダンが調和する文化

ベルリンは文化の中心地でもあります。そして伝統的、歴史的な文化の中心であると同時に、最先端の文化を発信していく都市でもあります。市域には400以上の美術館が点在し、世界遺産にも登録された博物館などもあり、「デザインの街」という呼称をユネスコから贈呈されているほどです。一方で近代メディアが発達しており、特にテレビや映画産業としても国際的に重要な位置付けの都市になります。若者向けのナイトレジャーも発展しており、クラブ音楽などの新たな潮流をヨーロッパ全体に発信し続けています。

ベルリンおすすめ観光スポット

1. 歴史の重みを感じる「ドイツ連邦議会議事堂」

ベルリンの観光地の中でもドイツの歴史上もっとも重要なスポットは「ドイツ連邦議会議事堂」に他なりません。19世紀後期の帝政ドイツ時代に作られた議事堂は、20世紀以後の激動のドイツの生き証人です。ティーアガルテンの森が広がる中、圧倒的な存在感でベルリンを見下ろす議事堂と対面すれば、日本では感じられない民主主義の伝統や歴史を体感することができます。原則として事前の予約が必要ですが、議事堂を象徴するガラスドームの展望台に行かずして、ベルリン観光は始まらないといっても過言ではありません。

2. 音楽の集大成「ベルリン・フィルハーモニー」

歴史的音楽の集大成を「ベルリン・フィルハーモニー」では鑑賞することができます。黄色い外壁に五角形の造りが象徴的な同施設では、大ホールに約2500人の収容が可能となっており、世界的に著名なフィルハーモニー管弦楽団が定例演奏会を行っています。技術的な感動はもちろんのこと、楽団員と観客との距離が近いことも特徴で、本場のクラシック音楽を文字通り体で感じることができます。当日公演のチケットも窓口で販売されているので、機会があればぜひ一度は足を運んでいただきたいスポットです。

3. 門や祭壇を収蔵する「ペルガモン博物館」

ベルリンには5つの美術館、博物館からなる博物館島という区域があります。区域自体が世界遺産に登録されているほど重要な文化拠点ですが、その中でも必見なのが「ペルガモン博物館」です。バビロニアのイシュタール門や古代都市のミレトゥスの市場門など、他の博物館ではお目にかかれない大規模な収蔵品の閲覧が可能です。また、古代ギリシャのゼウスの大祭壇は必見で、創世記の建築、装飾に深遠なロマンを感じとることができます。その他、細工品の一点一点に見所があり、かつてあった技術、感性に驚嘆するでしょう。

ページ上部へ戻る