ケルンで人気の民泊物件を探す

ケルンはドイツ西部に位置するライン・ルール大都市圏最大の都市で、歴史ロマンあふれる大都市です。地理的関係から古くより交通の要所として栄えてきました。そのため、異文化交流が盛んで人種の多様性に寛容な地域です。ケルンには約100万人以上の人々が暮らしており、白人からアフリカ系、中東系などバラエティに富んだ人種構成です。そのため、ドイツの文化以外にもさまざまな考え方に触れることができる魅力ある都市です。気候は真冬になると0度前後まで落ち込みますが、真夏では最高気温が25度を下回る程度です。冬は暖かく、夏は暑すぎないので過ごしやすい街です。治安はホテルやレストラン、電車内で置き引きやスリに遭うケースもあるため注意が必要です。

ケルンの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。ケルンで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうケルンの魅力

1. ケルンでしか味わえないビール

ドイツといえばビールが有名ですが、ケルンにはケルシュと呼ばれる地ビールがあります。24か所のケルン近郊の醸造所だけ名乗ることを許された地ビールです。生産できる醸造所が限られているため、市外にはほとんど出荷していません。品質保持のために「16のルール」を守るなど、独特の製法で醸造されています。スッキリしていて、フルーティーな味わいです。また、シュタンゲという円柱のグラスで提供されるのが特徴で、ケルン市内にあるバーやレストランなどで提供されています。

2. 誰でも楽しめる派手なお祭り

ケルンでは毎年2月、ドイツ三大カーニバルの一つのケルン・カーニバルが開かれます。2月の木曜日に始まり次週の水曜日まで続きます。目にも鮮やかな衣装を着た人々や、参加者それぞれの想いを込めたツーグ(日本でいう山車)が町をねり歩きます。クライマックスのパレードでは7kmもの長さになる行列を作り、国内外から約100万人もの人が見物に訪れます。開始から4時間続くパレードの最中は観客から「アラーフ!」という掛け声が叫ばれます。

3. 焦土から蘇った美しい街並み

ケルンは歴史のある建物が多く存在する町でしたが、第2次世界大戦で激しい爆撃を受け、町の大半が焼失しました。しかし、わずかに残った歴史的建造物と戦後の技術を駆使して再建された建築物が融合し、現在の見事なケルンの景観を造り出しました。町を流れるライン川がその景観を一層引き立てます。ケルン大聖堂やルートヴィヒ美術館、ローマ・ゲルマン博物館といったケルンの主要な観光スポットが街並みに溶け込こみ、美しい景観を作り出しています。

ケルンおすすめ観光スポット

1. ラインエネルギーシュタディオン

ドイツはサッカー大国であり、ケルンにもサッカー文化が根付いています。ラインエネルギーシュタディオンはドイツのプロサッカーリーグを代表するチームの一つ、FCケルンの本拠地です。古くからドイツ代表の試合も行われており、サッカー文化を体験できる場所の一つです。ケルンを流れるライン川のほとりから、5kmほど西に行った所にあります。アメリカンフットボールのNHLヨーロッパに所属する、ケルン・センチュリオンズもホームグラウンドとして使用しています。

2. ホーエンツォレルン橋

ケルンに流れる雄大なライン川に架かる鉄道と歩行者用の橋で、ケルン中央駅とケルン・メッセ駅を結んでいます。第二次世界大戦以前は街路と鉄道用として使用されていました。橋の上からはケルンの街にある大聖堂や街並み、ライン川を一望できるため観光地として人気です。また、カップルが愛を誓うために線路沿いのフェンスに愛のメッセージやイニシャルを刻んだ南京錠をかけ、その鍵を川に投げ込むことからカップルに人気のスポットとしても知られています。

3. ローマ・ゲルマン博物館

ケルンに残る古代ローマ文明やゲルマニア文化の名残を記録した博物館です。ケルン大聖堂のすぐ南に位置します。この博物館は古代ローマの遺跡の上に建てられており、発掘されたままの状態で展示されているものもあります。特に有名なのがディオニソス・モザイクで、床に大きく展示され上から見下ろすことができます。ほかにも当時の貴重な彫刻や碑文などが数多く展示されており、古代ローマ・ゲルマニア文化の歴史の一端に触れることができます。

ページ上部へ戻る