ミュンヘンで人気の民泊物件を探す

ミュンヘンは、ドイツ連邦共和国の南部にあるバイエルン州の州都です。ドイツ語ではMünchen、英語ではMinichと表記します。12世紀から街として整備が始まり、16世紀と19世紀の初頭には首都でした。現在は、首都ベルリン、ハンブルクに次ぐ第三の都市です。人口は130万人を超え、その20%が外国人の住民です。市内の公共交通機関は、市内バス、トラム、電車(Munich S-Bahn)と地下鉄(U-Bahn)です。そして、MVVにより交通網が統合されているので、共通チケットでの移動が可能です。冬の平均最低気温がマイナスに達している寒さが厳しい地域です。年間を通して雨の日が比較的多く、特に6、7、8月はたくさん雨が降ります。

ミュンヘンの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。ミュンヘンで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうミュンヘンの魅力

1. 緑が多い街

ミュンヘンの街には、公園が多く広大な敷地に木々が茂っています。街の中心には、イギリス庭園という意味の名称をもつ「Englischer Garten」があります。また、郊外にあるミュンヘンオリンピック公園は、1972年ので使われた会場を整備したものです。園内には展望タワーがあり、街を一望することができる人気のスポットです。ニンフェンベルク宮殿とシュライスハイム宮殿にも、公園や庭園があり水辺と緑とが程よく配置されています。鹿がいる公園、ヒルシュガルテンにはビアガーデンまであります。

2. 中世からの町並みとビルの融合

12世紀のロマネスク様式の教会から、ゴシック様式の建造物、そして19世紀に建てられたネオゴシック様式の市庁舎まで様々な建物があります。ミュンヘンは、第二次世界大戦中に破壊されてしまった部分を修繕して、街を復興しました。また、新しい建物については、約50km離れたバイエルンアルプスの景観を守るために建築制限が設けられています。一方で、現代的な高層ビルが立つ地域には、斬新なデザインのBMW本社やヒポハウスがあります。

3. 見応えがある教会

ミュンヘンには、様々な建築様式の教会が多数あります。丸い屋根が特徴的な、ゴシック様式のフラウエン教会は街のランドマークです。正面が真すぐ伸びた白い壁のミヒャエル教会は、内装も美しいルネサンス様式です。ティアティーナ教会にも白い壁の装飾と絵画があります。一方、外観は黄色い壁で丸い屋根のバロック様式です。ロマネスク様式のルードヴィヒ教会は、アーチ型の窓や通路があり、作りは左右対称です。

ミュンヘンおすすめ観光スポット

1. マリエン広場

ネオゴシック様式の新市庁舎は、エレベーターで展望台まで登ることができます。塔の前面には時計があり、時間が来ると鐘がなり人形が回ります。また、金色のマリア像もあります。広場の近くにはピータース教会が建っています。その塔の階段を登ると街が一望できます。また、教会の天井にはフレスコ画があり、内装を鑑賞する観光も人気です。さらに、屋外でビールを飲んだり、食事を取ることができるお店があります。夜は市庁舎が暖かい色のライトで照らし出されます。

2. アリアンツアレーナ

ミュンヘンにあるサッカースタジアムです。収容人数は7万人で、三階建ての大型施設として多くのサッカーファンが観戦に訪れます。ワールドカップやUEFAチャンピオンズリーグの試合にも使用されます。そして、ブンデスリーガのチームであるバイエルンミュンヘンと1860ミュンヘンのホームスタジアムです。「アリアンツ」の部分が企業名のため、別名を用いることもあります。外観の色は、赤・白・青に照らすことができます。場内を見るバイエルンミュンヘン主催のスタジアムツアーが開催されています。

3. ミュンヘン王宮

英語名 The Munich Residence、ドイツ語名 Residenz Münchenと呼ばれています。宝物館では、ギリシャローマ時代から中世ごろまでの宝飾品が展示されています。クリスタル、象牙、宝石で飾られた王冠や宗教画、当時の食器などを見ることができます。王宮(レジデンツ)のアンティクアリウムは、天井と側面の壁とにルネッサンス絵画が敷き詰められたホールです。その他に、ロココ調の部屋や17世紀の部屋があります。赤と金色が基調のキュヴィリエ劇場や豪華な宮廷庭園も完備しています。

ページ上部へ戻る