ムンバイで人気の民泊物件を探す

インド最大の都市であるムンバイは世界の中でも人口が多い都市として有名で、人材や文化、政治的な面からも注目されています。また国内の商業、娯楽で発展している都市でもあり、アジア地域の商業の拠点としてインドの企業や多国籍企業が多く集まっている場所でもあります。ムンバイは男性のほうが人口多いことも特徴的です。これは、多くの企業が集中するこの地域に仕事を求めてやってくる男性労働者が多いことが背景にあります。国内で使われている多くの言語はヒンディー語で、信仰されている宗教はヒンドゥー教です。また、娯楽産業の中心地でもありヒンディー語を使った映画やテレビの撮影なども盛んで、作成数や動員観客数も世界一といわれているほどの映画大国と呼ばれています。

ムンバイの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。ムンバイで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうムンバイの魅力

1. 世界遺産や歴史的建造物が立ち並ぶ街並み

いたるところに歴史的な建造物が残されています。街の中心部にはチャトラパテイ・シヴァ―ジ・ターミナス駅があり、こちらは世界的遺産に登録されているゴシック建築の建物です。ムンバイはイギリスの植民地でもあったため英国調の建物も多く、ムンバイ大学や図書館、博物館にも当時を偲ばせるコロニアル建築が使われており訪れる人々を魅了します。一方、インドの宗教を表現した寺院やインド門も混在しており、さまざまな建物からムンバイの歴史背景や文化を垣間見ることができます。

2. 映画大国ムンバイ

ムンバイは世界でも有数の映画大国です。年間1000本以上の映画が製作されています、これはハリウッド映画巨大な映画作成数よりもはるかに多い数です。観客動員数も多く、ムンバイから北インドを中心に各地で上映されています。巨大な撮影所もあり、ハリウッドならぬ「ボリウッド」という名称で知られた映画の街があります。こちらで作られる映画はヒンディー語が50%を占めますが、タミル語やその他の言語で作られる映画も多数あります。現在、制作現場の作成現場体験ツアーは観光名所として人気があります。

3. 宗教、文化が入り混じる都市

ムンバイはさまざま地域から人々が集まってくるためいろいろな宗教や文化が入り混じった都市となっています。急速な経済発展を遂げている地域がある面、いまだ貧困層が多くいるスラム地域も広がっています。言語もヒンディー語、英語、マラテイ語、など16言語が使われ、宗教もヒンデゥー教、イスラム教、仏教など多宗教の信仰者がいます。食文化ではインド南部の米や野菜を中心とした食事と北部のチキン、マトンを使った小麦中心の食事が取り入れられているなど、多様化されています。

ムンバイのおすすめ民泊観光スポット

1. エレファンタ島

エレファンタ島はムンバイ湾の真ん中に浮かんでいる小島です。インド門の裏手から船が出ており、所要時間は約1時間です。島には巨大な象の石像があり、これが島の名前の由来となります。島には世界遺産に登録された7つの石窟寺院があり、彫刻群には巨大な3面上半身像、踊るシヴァの像などさまざまな神々の姿が祀られています。石窟入り口までは100段ほどの階段を上りますので、体力的にちょっと不安がある方は籠を利用することもできます。ムンバイからは半日あれば観光できるスポットです。

2. スラムツアー

スラム街を見学するツアーでムンバイの日常の姿や、スラムの人々の生活を垣間見ることができます。ツアーでは自転車やローカル交通を使いながら現地ガイドと一緒に回ります。ガイドは英語のみとなりますが、ゆっくり丁寧に説明をしてくれるので安心です。ですが参加するときには身の回りの貴重品や、服装には注意を払ったほうが良いでしょう。これらのツアー代は、スラムの子供たちの教育やスポーツ資金に充てられます。もっとムンバイの街をよく知りたいという方にはぜひ参加してほしいツアーの一つです。

3. マリンドライブの穏やかな景色

海風に吹かれてとても気持ちの良いマリンドライブエリアはムンバイに来たら一度は立ち寄りたい場所です。朝夕は散歩やジョギングをする人々も多くみられ、市民の憩いのスポットとしても人気があります。夜になると海岸沿いに並んで見える街灯がまるで首飾りのように見えることから、「女王の首飾り」とも呼ばれ親しまれています。街中の雑踏から少し離れた場所なので、人込みや車の渋滞がなく、ドライブや散歩にも最適です。

ページ上部へ戻る