イスラエル

歴史的に世界の始まりに触れるイスラエル

イスラエル国は中東のパレスチナにあり、地中海の東海岸に沿った場所にあります。国境をレバノン、シリア、ヨルダン、エジプトとし、ヨーロッパ、アジアとアフリカの3大陸の交差する場所ともなっています。国土面積は小さいですが森林の広がる高原や山々の連なる砂漠地帯、世界で最も低い位置にある死海まで大陸のあらゆる気象条件の特徴を併せ持っています。首都はエルサレムで繁栄し、活気のある大都市で政府が置かれイスラエル最大の都市となっています。

イスラエルの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。イスラエルで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうイスラエルの魅力

1. 穏やかな季節が多いが朝晩の寒暖差に注意

イスラエルのベストシーズンは気温が穏やかな春と秋です。気温は高めで砂漠地帯のため、1日の寒暖差が激しいので、温度差に対応できる洋服を準備することをおすすめします。また、旅の計画を立てるにあたって気をつけなければならないのがシャバットと呼ばれる安息日です。この日は金曜日の夕方から土曜日の夕方まで一部を除き、公共交通機関がストップします。また、レストランや商店も休業するので、日程を考慮しなければなりません。

2. 様々な食材を楽しむことができるが宗教上規定に注意

地中海と中東の料理をベースとして各国から持ち込まれた様々な食材を使用するのがイスラエル料理の特徴です。イスラエルには宗教上食物規定があります。その例がお肉と乳製品を一緒に食べないということです。ホテルの朝食にはお肉は出されず、魚やチーズ,卵料理は出されてコーヒーや紅茶も飲むことができます。豚肉は宗教上、不浄の動物なので一切食べませんし、牛肉は食べることができますが、血を食べてはいけないのでパサパサした感じがします。

3. 公用語以外にも様々な言語を話す国民性

イスラエルの言語はヘブライ語とアラブ語が公用語として採用されています。小学生の頃から英語を学んでいることから多くの人々が英語を話すので旅行者には英語だけで問題ありません。また、ユダヤ人の学校では第二外国語としてフランス語かアラビア語を選択することができるようになっています。他にもサマリア語の新聞やロシア語の看板、スペイン語やエチオピア語なども多くみられます。現在イスラエルではヘブライ語を世界で現存する最も古くて新しい言葉と誇りをもっています。

4. 戦争やテロのイメージが強いので直前の治安情報を確認

イスラエルといえば戦争やテロというイメージがあります。テロが起こっていなくても間違いなどでパニックになったりと、国全体が緊張していることも事実なので、そのような時は旅行は自粛するべきだと思います。一方では会社も通常通り営業しているのでイスラエル人は毎日通勤しています。車やバスに比べて電車はセキュリティーチェックがあるので比較的安全とされていますが、注意が必要です。いずれにしても渡航前には外務省のHPを確認されることをおすすめします。

5. ユダヤ人,アラブ人が多くを占める移民国家

移民国家であるイスラエルの人種はユダヤ人が最も多く約75%、次にアラブ人の20%、その他4%となっています。同じユダヤ人でも出身地により呼び名が違い、異なる人種であることもあります。信仰宗教は自由を認めています。最も多いのがユダヤ教徒、次にムスリム、キリスト教、ドゥルーズ派となっています。昨今、ユダヤ人の移民減少にともない、ユダヤ人の人口は減少傾向にあり、反対にアラブ人は増加傾向にあります。

6. 車やバス、鉄道と以外にも便利な交通網

イスラエルは面積が狭いということもあり、主流な交通手段は車やバス、トラックです。近年車が増加したため、交通の便を良くするためにバイパスの設置やハイウェイも延長にともない整備されています。また、交通量増加のため、環境への配慮もあり、電気自動車の導入に積極的です。国内を網羅しているエゲッドバスは後部にトイレもあるというので安心です。イスラエル鉄道は旅行者に便利な交通手段となっています。道路の渋滞も問題となっており、解消するために高速鉄道サービスが導入されつつあります。

  1. テルアビブで人気の民泊物件を探す

ページ上部へ戻る