テルアビブで人気の民泊物件を探す

テルアビブはイスラエル第2位の人口を持つ都市であり、イスラエルの経済、文化の中心地で中東有数の世界都市です。テルアビブは約100年ほど前に建設されたばかりの歴史の浅い都市ですが、他の中東地域と比べて国際色が強く、同性愛者に寛容なことでも有名です。テルアビブの気候は夏に乾燥し、冬は雨が多く天気が変わりやすい気候ですが、気温は10℃から30℃前後で安定しており、とても過ごしやすい都市です。治安は一部の地区の立ち入りを除き、一般的な海外旅行のマナーを守れば比較的安全です。慣習について制限はありませんが現地人を撮る時は許可を撮ることと、ノースリーブ等の肌の露出の多い服装をしないことの2点に気をつければ、無用なトラブルを避けることができます。

テルアビブの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。テルアビブで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうテルアビブの魅力

1. 様々な顔を持った街並み

中東の街の印象としては、主に宗教等で様々な制約がある印象が強いですが、テルアビブは歴史が浅く、国際的に自由な都市です。具体的な例としてカフェだけで朝から夕食まで様々な料理を楽しむことができたり、芸術家たちのコミュニティ、同性愛者に寛容なところ等が挙げられます。しかし、その一方で、テルアビブの白い建物の並ぶ街並みは「白い都市」と呼ばれ、世界遺産に登録されている側面も持ち合わせています。ですから、テルアビブは様々な顔を持ち合わせた都市と呼べるでしょう。

2. 国際色豊かなグルメタウン

旧約聖書に基づくユダヤ教の食事規定のあるイスラエルでは、現地の人は規定された調理方法や食材を食べることが多いのですが、テルアビブには国連加盟各国が大使館等を置いており、多種多様な人が住んでいるため、観光客は規定された食事に制限されることはありません。レストランではイタリア料理やスペイン料理など、多種多様な料理を楽しむことができます。テルアビブのほとんどのレストランやカフェではメニューに明記されていなくても扱っている料理が多くあるので、気になる料理があれば店員に聞いてみると提供してくれることもあります。

3. 国際的に経済力の高い都市

テルアビブは世界都市に選ばれる程、国際性と経済力の高い都市です。アメリカの研究機関が発表した世界都市ランキングでは54位に入り、西アジアの都市に限って言えばドバイに次いで2位となっています。「中東のヨーロッパ」と呼ばれる程に、現在もイスラエルの政治や経済の中心地として発展を続けています。特にテルアビブは、国際連合にイスラエルの首都とされている都市ですので、これからも魅力が増えてゆく都市といえるでしょう。

テルアビブのおすすめ民泊観光スポット

1. ユネスコにも登録された「白い都市」

「白い都市」とはテルアビブの街区の名前です。この都市の特徴は、建造物が主に20世紀の代表的な工法であるバウハウス様式あるいは近代建造物の建造に使われているインターナショナル・スタイルという工法で構成されており、現在もテルアビブの中心地区の4000軒以上が変わることなくこの工法で造られていることです。ここまで同じ工法が1都市に密集しているのはテルアビブの「白い都市」だけです。このような特徴と20世紀前半の建築や都市計画の保存の理由から、ユネスコにより世界遺産に登録されました。

2. 世界と現地の美術が混在する「テルアビブ美術館」

「テルアビブ美術館」は国を代表する美術館です。テルアビブ美術館は建設当初からある旧館と、21世紀になってから完成した新館の2つで構成されています。この美術館は2つの館で印象が異なり、旧館では通常の美術館と同様の内装で、主にピカソ等の有名作家の作品を取り扱っていますが、新館では建物自体が芸術作品になっています。展示されている作品もこの美術館でしか見られないイスラエル人の個性的な作品を鑑賞することができます。

3. 建国からあるインマヌエル教会

インマヌエル教会は、テルアビブのヤッファ地区にあるイスラエルにとってなじみの深い教会です。日本にあるイムマヌエル綜合伝統団とはあまり関係なく、ドイツにあるルーテル教会が起源のキリスト教宗派ルーテル派、別名ルター派を信仰している教会です。この教会は100名近くの人が入ることが出来る広い教会です。また、通常の教会と比べて禁則事項が少なく、プロの音楽家のコンサートもあります。

ページ上部へ戻る