沖縄で人気の民泊物件を探す

沖縄は、日本の南西部、台湾のすぐ隣に位置し、沖縄の経済の中心である那覇市が位置する本島と、東シナ海と太平洋に点在する大小さまざまな自然豊かな島々からなります。気候は日本の他地方よりも温暖で、亜熱帯に属しますが、熱帯に近い地方もあり、それぞれの地方で特色ある動植物が生息しています。また、毎年多くの台風が接近することでも知られています。独立した国家・琉球王国として栄えた時代の後、日本の藩として統治された時代を経て、終戦後もアメリカの占領統治下におかれるなど、激動の歴史を刻んできました。また、古来アジア各国との交易が盛んで、国際色豊かな文化が育まれてきた歴史もあり、その特色ある文化と歴史、自然環境が人々を魅了し、毎年国内外からの多くの観光客が訪れます。

沖縄の民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。沖縄で民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わう沖縄の魅力

1. 美しいビーチとマリンアクティビティ

真っ白な砂浜と海底が見えるほど透きとおったブルーの海が沖縄の最大の魅力です。沖縄本島をはじめ、離島のどこに行っても数々の美しいビーチがあり、老若男女を問わず海水浴やマリンアクティビティを楽しむことができます。気軽にトライできるシュノーケリングから本格的なダイビングまで様々な方法でサンゴ礁や色とりどりの熱帯魚と触れ合うことができます。その他にもカヤックやグラスボート、空から美しい景色を堪能できるパラセーリングなど沖縄の海を楽しむアクティビティは盛りだくさんです。

2. 亜熱帯の島々の自然環境と希少動物

亜熱帯海洋性気候の沖縄の島々には、日本の他地方では見られない独特の自然環境が未だに手つかずのまま残されています。多くの種類のサンゴがこの沖縄に生息しており、その周辺を熱帯魚が泳ぎまわる美しい光景が見られます。また、亜熱帯の植物が茂る原生林やそこに生息する固有の動植物に出会えるのも沖縄の魅力のひとつです。特に本島北部の森「やんばる」に自生する希少種の植物、西表島のマングローブ林や屋久島の縄文杉、ほとんど飛ぶことのできない「ヤンバルクイナ」や西表島にのみ生息する「イリオモテヤマネコ」などが有名です。

3. 琉球の歴史とアメリカ文化が融合する食文化

ゴーヤなどの島野菜や豚の耳や足などの独特の食材を活かすことが特色の沖縄料理。ゴーヤと豆腐などを炒めた「ゴーヤチャンプルー」、豚の角煮「ラフテー」などが人気です。またアメリカの影響を受け、ポークランチョンミートやコーンビーフも常食され、タコライスなどのアレンジされた料理も沖縄で生み出されています。一方、沖縄県民は平均寿命が長いことで知られ、その理由が医食同源の思想を取り入れた長寿食であるとして「ぬちぐすい(命の薬)」が注目されています。

沖縄のおすすめ民泊観光スポット

1. 首里城公園

那覇市にある首里城公園は、琉球国王の居城であると同時に行政機関「首里王府」の本部でもありました。1945年の沖縄戦で全焼しましたが、その後復元され、現在も整備が続けられています。平成12年には、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のうちの「首里城跡」として世界遺産に登録されました。公園内では、青い空と朱色のコントラストが美しい首里城正殿や守礼門が特に目を惹きます。その色彩やデザインには、琉球王国と東南アジアや中国との交易の歴史が色濃く刻まれています。

2. 沖縄美ら海水族館

沖縄本島北西部の本部町にある沖縄美ら海水族館は、世界有数の規模を誇り、巨大水槽を泳ぐジンベエザメやイルカショーで有名です。2002年のリニューアルオープンに伴い、現在の名称に変更されました。「美ら」は、「ちゅら」と読み、沖縄の方言で「美しい」という意味です。サンゴの大規模な飼育を展示した「サンゴの海」、サンゴ礁の海を再現した「熱帯魚の海」、ジンベエザメやナンヨウマンタの群雄を楽しめる「黒潮の海」、さらには沖縄の深海生物を観察できる「深層の海」などさまざまな沖縄の海の魅力を丸ごと楽しめます。

3. 八重山諸島

沖縄の離島は、本島とは違うそれぞれの特色共に多くの人々を魅了しています。その中でも、特に本島から南西に450km程離れた日本最南端の八重山諸島には、諸島の玄関口・石垣島をはじめ、東洋のガラパゴスとも呼ばれる西表島、「海底遺跡」とも称される不思議な海底地形を持つ与那国島、南十字星を観測できる波照間島、木造赤瓦の民家と白砂が美しい竹富島など魅力的な島々が存在します。西表島と由布島の間の浅瀬を伝統的な水牛車に乗って渡るツアーは、観光の目玉となっています。

ページ上部へ戻る