韓国

グルメ、ショッピングの充実した伝統を重んじる国

朝鮮半島南部に位置する韓国は少日数で気軽に旅行できる国として人気があります。ソウルやプサンでは、焼肉やトッポギなど有名なグルメや韓国発祥の化粧品や美容グッズなどを格安で購入できるというショッピングを楽しめることから幅広い年齢層の方、特に女性に人気です。また、伝統を重んじることから数々の宮殿や朝鮮時代を思わせる街並みも多くみられます。済州島には人気ドラマの撮影所となった観光地もあり、景観も素晴らしく、のんびり過ごしたい方も多く訪れています。

韓国の民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。韓国で民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わう韓国の魅力

1. 春夏秋冬 四季それぞれの特長をいかした楽しみ方

韓国は温暖性気候帯に位置するため春・夏・秋・冬がはっきりしているため四季を感じることができます。3月から4月にかけては済州島から桜前線が北上するため桜を見ることができますし、その他にも様々な野花が公園や野山を彩ります。夏は暑い日が続きますが、山や海に出かける人も多く、韓国で人気のあるかき氷や冷麺が恋しくなります。秋は過ごしやすく、10月から11月にかけて紅葉が山を彩ります。冬はアイススケートやスキーなどのウィンタースポーツが人気です。寒い日には韓国式伝統サウナや温かい鍋で体を温めることができます。

2. 一日中美味しいものに出会える、食に飽きない街

韓国ではカルビの焼肉、熱い石窯に入った石焼ビピンバ、高麗人参などの漢方薬が入った伝統料理のサムゲタン(参鶏湯)、甘い味が特長のプルコギ、テーブルいっぱいにたくさんのおかずが並ぶ韓定食などなど魅力的な料理がたくさん楽しむことができます。朝ご飯にはおかゆがおすすめです。また、忘れてはいけないのが数々街に並ぶ屋台です。明洞や東大門のような繁華街だけでなく駅や学校の周辺にも見られます。屋台は朝から深夜まで営業しているので、いつでも屋台を楽しむことができます。

3. 観光人気都市においては英語などの外国語にも対応

韓国の母国語はハングルのため、なかなか理解できないことが多かったのですが、近年は外国人旅行者の受け入れ体制整備の一環として、街や駅などの案内は英語で表示されているところが多くなっています。特に観光地のレストランやショップなどでは英語や日本語対応をしているところが増えています。タクシーに関しては一般タクシーはまだまだ英語を話せるドライバーが少ないという現状ですが、模範タクシーを選ぶと英語を話せるドライバーが多く観光客に対応できるのでおすすめです。

4. 治安も安定しており、初めての海外旅行でも安心な国

比較的治安は良い韓国ですが、深夜に一人で出歩くのは危険です。特に一人でタクシーに乗ることは避けるべきです。タクシーの運賃に関するトラブルも多発しているため注意するべき点です。しかしながら全てのタクシーが当てはまるわけではありません。交通に関しては人間よりも車優先の国なので信号を渡る際や、街を歩く際には車だけではなく、バイクにも注意するなど、細心の注意を払って自分自身で気をつけることが必要です。

5. 宗教観は少なく観光客に対して親切な人が多い

韓国の民族構成は挑戦民族(韓民族)からなります。中国系(華人・華僑)も少数ながら存在します。数千年前に西シベリアからモンゴルのアルタイ山脈一帯に住んでいた数々の部族が東に移動する際にツングース族が朝鮮半島に定着したのが始まりです。人口は約5000万人でそのうち20%の1000万人がソウルに在住しています。宗教は自由が認められており、国教はなく、儒教、仏教、キリスト教などがあります。現在は国民の25%がキリスト教信者で仏教に匹敵する規模となっています。

6. 都心部へは複数の方法でアクセス可能

韓国の仁川空港、金浦空港からソウル市内に向かうためには、いくつかの方法があります。まずは空港鉄道A'REXです。各駅停車とソウルまで直通の2種類があります。その際T-moneyカードを利用すると便利です。次にリムジンバスです。渋滞状況などによって時間通りにとはなかなかいきませんが路線も多く、安い運賃で利用することができます。最後にタクシーです。家族がグループで利用する際は便利ですが一般タクシーの場合は英語を話せるドライバーが少ないため、模範タクシーを選択することをおすすめします。

  1. ソウルで人気の民泊物件を探す

ページ上部へ戻る