カンクンで人気の民泊物件を探す

カンクンはメキシコのキンタナロー州にある人気の観光地です。遺跡なども多くあり、歴史的な雰囲気を与えますがリゾート地としての側面も強く世界中のセレブ達に愛されています。白く輝く砂浜と透き通るほど見事な海が魅力的です。カリブ海を巡るクルージングでは大型客船の多くがここに立ち寄ります。またダイビングの人気スポットでもあります。市内には約60万人が暮らしており、かつてはマヤ系の先住民が多くいましたが、現在はかなり少なくなっています。気候は有名なリゾート地ということもあり温暖で過ごしやすく、カリブ海に面しているため多湿でもあります。治安はメキシコ国内でもかなり良いほうで、観光客も安心して旅行できる都市として評判です。

カンクンの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。カンクンで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうカンクンの魅力

1. 世界的なリゾート地としてのカンクン

メキシコが国をあげてリゾート地として開発されたカンクンは、すでに世界的にも有名なスポットとなっています。その魅力はなんといってもカリブ海の雄大な自然を楽しめることにあります。美しいビーチは太古からの雄大さをそのままに保ち続けています。サファイアのように青く輝く海は優雅に泳ぐ魚も簡単に見ることができ、素敵なバカンスを過ごせるとあって今も観光客は増加傾向にあります。カンクンは年間を通して過ごしやすい気候のため客足は止まりません。

2. 歴史都市としての側面も持つ

現在では世界的なリゾート地としてのイメージが強いため、多くの人に「カンクンと言えばリゾート」というイメージを持たれています。しかし、元より深遠なマヤ文明で栄えたこの都市は、世界遺産レベルの遺跡を始めとした歴史的都市でもあります。世界中の歴史を見渡してもマヤ文明ほど不思議でミステリアスな文明はなく、常に世界中の考古学者の注目の的です。マヤ文明の歴史に触れたい多くの観光客もここカンクンに訪れています。

3. カリブ海ならではの美味しい海の幸

メキシコ料理といえば、やはりタコスが思い浮かびますが、ユカタン半島にあるカンクンではおいしいユカタン料理も楽しむことができます。長年食べられてきたマヤの料理であるユカタン料理は歴史があり、またカリブ海の美味しい海の幸を楽しむことができます。中でも近辺で獲れるストーン・クラブを使った料理も有名でサラダにして食べたりすることも多いです。旨みが強く、肉のように非常に重厚でワインなどともピッタリなカニ料理がたくさん楽しめます。

カンクンのおすすめ民泊観光スポット

1. カンクン近郊のマヤ古代遺跡

カンクンには、世界三大文明であるマヤ文明の主要な遺跡が存在しています。中でも、マヤ文明でもっとも大きなチチェン・イツァの遺跡はカンクン市街地からほど近い場所にあってアクセスしやすいのが魅力的です。トゥルム遺跡はカリブ海に面し、カンクンの青い海や真っ白なビーチを眺めることもできる、立派な城壁が見どころの遺跡です。また、コバ遺跡には見事なピラミッドが存在しておりチチェン・イツァのピラミッドに負けずとも劣らない雄大さを誇ります。

2. 自然遺産シアン・カーン

カンクンは古代遺跡のような文化遺産が有名ですが、シアン・カーンのような自然遺産も存在しています。世界的にも珍しい多くの異なる植生域が含まれる自然保護区です。「天空の生まれた場所」を意味するシアン・カーンという言葉のように、数々の美しい自然に触れることができる絶景の宝庫です。ラグーンの透明度はかなりのもので透き通ったグリーンを始めとして、時には青みがかったり白っぽくもありそのコントラストは観光客の心を掴んで離しません。

3. ダイビングの名所・グランセノーテ

ユカタン半島には数多くの「セノーテ」と呼ばれる水中鍾乳洞があります。その中でも特に人気があるのがカンクンのグランセノーテです。カンクンでスキューバダイビングといえば海だけではなくこういったセノーテでも大いに楽しむことができます。非常に透明度が高く、開放感に包まれながら泳ぐことができます。特に見どころなのが「光のカーテン」とも呼ばれる水中に差し込む幻想的な太陽の光です。その神秘さゆえに太古より神聖な場所としてマヤ民族に崇められていたほどです。

ページ上部へ戻る