オランダ

美しい街並みと自然豊かな景色、芸術鑑賞を堪能できる国

オランダは、北海に面したヨーロッパの北西部の低湿地帯に位置し、「低地の国」という意味の国名Nederlandが示す通り、国土の多くがポルダーと呼ばれる干拓地です。運河に架かる跳ね橋や、田園風景の中に点在する風車や春のカラフルなチューリップ畑はオランダならではの景色として有名です。また、レンブラント、ゴッホ、フェルメールといった有名画家を生んだ国であり、それらの美術鑑賞も観光の目玉になります。ダイヤモンドの加工やデルフト焼きでもよく知られていて、お土産にも人気です。

オランダの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。オランダで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうオランダの魅力

1. 緯度の割には温暖、チューリップの季節がおすすめ

オランダは、暖流の北大西洋海流の影響を受け、緯度が高い割には温暖な西岸海洋性気候の地帯に属しています。曇りの日や雨が降る日が多いですが、降水量はそれほど多くありません。北海からの風が強く、この風を利用した有名な伝統的風車とともに、風力発電のモダンな大型の風車が各地に立ち並んでいます。国土の4分の1が海面下に位置するため、冬になると洪水が発生することもあります。チューリップが見頃の4月が最もおすすめですが、暖かくなり始めた5月から6月頃も晴天の日が多く、観光に適している季節です。

2. 北海の海の幸とインドネシア風のファストフード

オランダ人の食事は比較的質素で、観光地でもレストランよりファストフード店やスタンドの方が充実しているほどです。海の幸は豊富で、パンにはさんで食べる、ニシンの酢漬け(ハーリング)はオランダ名物です。その他、ムール貝のワイン蒸し、サーモン、タラのフライなどは新鮮でおすすめです。街角やサービスエリアでは、珍しいファストフードの自動販売機があり、コロッケ、ソーセージなどが買えますが、植民地時代の影響で、インドネシア風のものも多く、春巻きも人気があります。

3. オランダ語が公用語だが、英語が堪能な人が多い

公用語はオランダ語ですが、ほとんどの人が英語を流暢に話します。アクセントのないはっきりした英語を話す人が多いので、英語圏の国よりもコミュニケーションが楽ともいえるかもしれません。オランダ語は、日本人にはあまりなじみのない言語ですが、ドイツ語と似ている単語も多く、看板やメニューなどが英語で表記されていなくても、ドイツ語が分かる人は想像がつくこともあります。また、フリースラント州では、「フリジア語」という言語も公用語として認められています。

4. 比較的治安はよいが、注意ポイントは避ける

オランダは、ヨーロッパの他国と比べて、特に危険ということはありませんが、スリや置き引きなどの犯罪は頻発していますので、常に警戒は必要です。鉄道や地下鉄は、日中は特に問題ありませんが、スリ集団などには注意しましょう。ドラッグの一部は合法となっていて、コーヒーショップと呼ばれる店で売られています。酒やドラッグに酔った人に絡まれることもありますので、近づかない方が無難です。また、飾り窓周辺では過激なディスプレイが目に入るので、お子様連れの方は特に注意が必要です。

5. 寛容でフレキシブル、フレンドリーな国民性

オランダは、ゲルマン系の住民が大半を占め、その他、トルコ系、モロッコ系、または旧植民地からの移民で成り立っています。他国で迫害を受けた人々を受け入れてきた歴史があり、何に対しても寛容でフレキシブルな考えを持つのが特徴です。ヨーロッパの中では、比較的真面目で倹約家の人が多く、生活は質素で、外食を好みません。そして、窓は大きいけれど小さな可愛らしい家に住んでいます。隣人や家族を大切にし、フレンドリーな人が多いので、観光客にも親切で、道などを尋ねるとにこやかに答えてくれます。

6. 自転車先進国オランダでは、サイクリングがおすすめ

オランダの交通の拠点であるアムステルダム・スキポール空港からは、世界中のほとんどの主要都市への直行便があります。また、南部のアイントホーフェン空港からは、ヨーロッパ各都市への格安航空便が発着しています。都市から都市への移動は鉄道が便利です。街中の移動はトラム(路面電車)、地下鉄、バスが共通券で利用できますが、道が平坦なことから自転車での移動も楽にでき、サイクリングもおすすめです。ほぼ全ての幹線道路に自転車専用レーンが設置されていて、自転車のレンタルも気軽にできます。

  1. ロッテルダムで人気の民泊物件を探す

  2. アムステルダムで人気の民泊物件を探す

ページ上部へ戻る