アムステルダムで人気の民泊物件を探す

オランダの首都、アムステルダムは運河の街、そしてゴッホ、フェルメールなどの芸術家が暮らした街です。アムステル川のためのダムが作られたので、アムステルダムという地名が生まれました。今そのダムがあった場所は中央広場として街の中心地となっています。街はこの中央広場から放射状に広がっており、コンパクトに観光できます。交通網は、電車、メトロ、バスがあり、特に数時間から数日間まで期間を選べる乗り放題切符のトラムという路面電車が便利です。気温は東京よりもやや低い程度で、体感はあまり変わりませんが、夏のシーズンが過ごしやすく、観光に向いています。

アムステルダムの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。アムステルダムで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうアムステルダムの魅力

1. 美しい運河をボートで移動しよう

街の移動にはトラムと呼ばれる路面電車が便利ですが、もう一つ重要な交通手段として水路を使ったクルーズがあります。日常的に使われているラインもありますが、ここは観光用のボートツアーがおすすめです。街の主要な運河を通るので、美しい街の景観を楽しむことができます。アムステルダムといえば背の高い、切妻屋根のカラフルな建物のイメージですが、それが運河とマッチして街はまるで絵本の世界のようです。なお、この美しい建物は、税金対策で作られたという背景があります。

2. 世界有数の画家たちと美術館を堪能する

ゴッホ、ルーベンス、レンブラント、そしてフェルメール、いずれも超一流の画家ですが、これらの画家を輩出したアムステルダムは美術館の宝庫です。特に国立美術館は休館のないヨーロッパ初の美術館で、美術書には必ず載っているレンブラントの「夜警」が常時公開されています。フェルメールの「手紙を書く青衣の女」も有名です。近隣の市営美術館や、絵画や書簡など合わせて1400点もの作品が展示されているゴッホ美術館もおすすめです。

3. 緑の濃いヨーロッパの公園を散策

運河の街アムステルダムは都会の街ですが、市民の憩いの街となる緑豊かな広い公園がいくつもあります。ヨーロッパ最大と言われるボス公園、街の中心部にあるフォンデル公園など、ツアーの合間に散策してみるとその都市の人々の生活スタイルが見えてくるのでおすすめです。公園の中には芝生のエリアや散策できる遊歩道のほかに、一休みできる美しいカフェやレンタルサイクルのお店などがあり、アクティビティも充実しています。日本とは少し違った鳥の鳴き声を感じることができます。

アムステルダムおすすめ観光スポット

1. アムステルダム中央駅

東京駅のモデルになったと言われる駅舎です。その説を否定されることもありますが、実際に駅舎を見てみると確かに赤レンガ作りでどこか見覚えのある造りをしています。空港の駅から電車で20分、観光の起点となるアムステルダム中央広場までも一本道で、観光客は空港に着いたらまずこの駅を目指すことになります。中はやや薄暗く、ドームのついたホームがあり、いかにもヨーロッパという雰囲気の駅です。お土産屋やカフェもあります。

2. ゴッホ美術館

ゴッホだけの作品を大量に集めた美術館ですが、絵画に関する世界的権威とされている研究機関でもあります。ゴッホの家族が所有していた彼の作品や関連品が多数展示されています。ここは世界中から観光客が集まる人気スポットで、いつも混んでおり入場に時間がかかりますが、運河からボートで行くと、専用の入り口から入場できるパスがあるのでそれを使うと早く入場することができます。近隣に国立美術館があるのでそちらもぜひ訪れてください。

3. アンネの隠れ家

有名な「アンネの日記」が実際に書かれた場所です。ナチスから隠れて厚いカーテンの中、息をひそめながら2年間を憂鬱に過ごした、アンネとその家族が暮らしていたときそのままの部屋の内装が今も残されており、アンネの日記の原文と共に観光客に公開されています。ナチスによる迫害の映像なども上映され、いかに戦争や差別が悲惨なものであったかを今もなお伝える貴重な場所です。目の前の広場にはアンネの像が建っています。

ページ上部へ戻る