マドリッドで人気の民泊物件を探す

スペインの首都・マドリッドの人口は約320万人の世界第57位の大都市です。ヨーロッパの首都の中でもっとも標高が高い場所にあります。年間を通して温暖で降雨量が少ないため過ごしやすい土地ですが、標高が高いため季節や昼夜による温暖差が激しいのが特徴です。また、世界的に有名なサッカーチーム、レアル・マドリッドの本拠地であることから、サッカーファンが世界中から駆けつける都市でもあります。物価が他のヨーロッパの国々よりも安く、財布に優しい観光地といわれています。ラテン系のスペイン人が多数を占めます。古い建物が多く、夜は綺麗な街並みですが、治安はあまり良くないため夜に出歩く際は注意が必要です。

マドリッドの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。マドリッドで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうマドリッドの魅力

1. 世界最高峰のサッカーを見る

スペインには世界でもっともレベルが高いといわれるサッカーリーグがあります。マドリッドは強豪チームレアル・マドリッドの本拠地で、スタジアムに足を運ぶと最高峰のサッカーを観戦することができます。バルセロナといった強豪との試合も面白いですが、同じマドリッドにあるアトレティコ・マドリッドとのマドリッドダービーはサポーターが最高に熱くなるため、魅力です。

2. レベルの高いスペイン料理

スペイン料理はヨーロッパでもレベルが高いといわれており、マドリッドでは特に煮込み料理が有名です。イベリコ豚を使った料理はおいしく、世界中から愛されています。また、スペインといえばバルが有名ですが、マドリッドにもバルがたくさんあり、食やお酒が好きな方はバル巡りをしてみるのも楽しいでしょう。生ハムをつまみながらワインを飲むという至福のひとときを過ごすこともできます。生ハムの本場だけあって日本で食べるよりも安価で済むのも魅力です。

3. 芸術鑑賞でスペインを楽しむ

スペインは世界的に有名な画家や芸術家を多く生み出しています。ピカソ、ダリやミロ、建築家ではガウディが有名です。彼らの作品を見られるソフィア王妃芸術センターやプラド美術館、ティッセン=ボルネミッサ美術館の3大美術館巡りは芸術が好きな人におすすめです。特にソフィア王妃芸術センターに展示されているピカソのゲルニカは必見です。また、街並みも芸術品のような美しさで、歩いているだけで芸術鑑賞をしている気分に浸れます。

マドリッドおすすめ観光スポット

1. 圧倒的な存在感のマドリッド王宮

マドリッドの王族は普段は郊外で暮らしており、式典などと重ならなければ内部に入って観光をすることができます。この王宮はヨーロッパでもっとも大きな宮殿です。外観の圧倒的な存在感はもちろん、王室内の華美な様子には驚かされるでしょう。主階段や天井画など、見どころはたくさんあります。また、本館とは別にある王立武具博物館も必見です。かつて王家が馬上戦で使用していた武器や甲冑などの数々が保存・展示されています。

2. レアルの本拠地ベルナベウスタジアム

サッカーファンならぜひ行っておきたいレアル・マドリッドの本拠地ベルナベウスタジアムは、ツアー料金を払うとスタジアムを見学できます。ロッカールームを見学した後に選手たちと同じ通路を通ってピッチへ向かう時、気分は最高潮に高まります。選手と同じベンチに座るという貴重な体験もできます。貴賓席や記者会見場も見学できます。オフィシャルショップもあるので、日本では手に入らない現地ならではのグッズを探すのも楽しいでしょう。

3. マドリッドの憩いの場レティーロ公園

マドリッドの中心地にある面積125ヘクタールの広大な緑地帯レティーロ公園は、地元の人々や観光客の憩いの場です。かつては王家の所有物で王族の憩いの場でしたが、1860年代に一般公開されました。園内中には2つの池、美術館、数々の噴水、彫刻、庭園、バラ園などがあり、散策も鑑賞も楽しめる公園です。池ではボートに乗ることもできます。休日には大道芸人も集まりにぎやかです。敷地面積がとても広いため、レンタサイクルで回るのもよいでしょう。

ページ上部へ戻る