スイス

雄大なアルプスが広がる美しいリゾート地

スイスはヨーロッパにあり、ドイツ、フランス、イタリアと隣接しています。緑の広い草原に様々な花々が咲き、湖は輝きながら佇んでいます。雄大なアルプスの景観と世界遺産がおりなすスイスは毎年多くの観光客が訪れます。さほど大きい面積ではないものの地域によって様々な文化や街並みを楽しむことができます。永世中立国でるので国内には多くの国際機関の本部が設置されています。最大の都市はチューリッヒでその他ジュネーブやバーゼルなどの都市が有名です。

スイスの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。スイスで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうスイスの魅力

1. 美しい山々、輝く湖に囲まれた豊かな草原

スイスは高低差があり、地域や標高により気候はかなり異なります。また、内陸部にあるため一日の気温が激しく変化するため衣服も温度差に対応できるものを持参されることをおすすめします。6月から8月まではアルプス全体が高山植物のお花畑となるためベストシーズンとなります。また、12月から3月は秋の紅葉も美しく、世界中からスキーヤーがスイスを訪れます。春あフェーン現象が起きやすく乾燥した風の吹く日は頭痛や体調不良を起こしやすいので注意が必要です。

2. 多彩な料理が楽しめる実は隠れたグルメの国

スイスといえばチーズフォンデュなど乳製品のイメージが強いのですが、ドイツ、フランス、イタリアというグルメの国に隣接しているスイスはその影響もうけていることもあり、郷土料理以外にも多彩な料理を楽しむことができる隠れたグルメ大国です。とは言ってもやはりチーズ王国であるのは間違いありません。ワインとともに様々なチーズを味わうこともできますし、オイルフォンデュなども人気です。いずれにしても伝統的なスイス料理は素朴で質素な食材で作る傾向があります。

3. 4つの公用語と英語を使いこなす観光客も安心の国

スイスは地理的な問題や歴史的な理由により4つの公用語が定められています。最も多いのはドイツ語で全体の約65%で北部や東部で使用されています。次に多いのはフランス語で約20%で西部で使用されています。次にイタリア語、ロマンシュ語の順になっています。空港や駅周辺など観光客が多い場所では多言語にて表示されていて、鉄道の車内放送も3か国語以上で行われ、国民のほとんどが複数語話せることができます。英語も通じるので安心です。

4. 世界でも有数の治安の良い国で観光に最適の国

スイスは世界でも犯罪率が低い治安の良い国です。街を歩いていても身の危険を感じるようなことはめったにありません。物乞いや強引な押し売りなどもありません。しかしながら置き引きなどには注意が必要です。貴重品や手荷物などは肌身離さずに持つことや女性の夜間の一人歩きは避けるなど常識的なことは守るべきです。チューリッヒのニーダードルフ通りやジュネーブの駅からレマン湖にかけての裏通りは注意が必要です。山や田舎の地域は都市に比べると治安は良くなります。

5. 優しく親切に接してくれる観光客に優しい街

スイス在住の人種はスイス人が約8割、その他が約2割です。そのうち最も多いのはイタリア人、次にドイツ人となっています。スイス国民が信仰宗教はカトリックが約40%と一番多く、次にプロテスタントが約35%とほとんどを占めます。また、スイス人はとにかく投票好きでどんなことに対しても投票にて決定することを好みます。観光客に対しては困っている人がいれば助けてくれる優しくて親切な人が多いのが特徴的です。また、自国に誇りを持ち、文化をとても大事にします。

6. 国内移動には困らないほど充実した交通手段の数々

スイスといえば山岳鉄道ですがそれ以外にも国内交通が発達していてダイヤも乗り継ぎしやすく配慮されているので観光客には安心です。国鉄は私鉄との乗り入れも万全で利用のしやすさは抜群です。珍しいといえばポストバスです。郵便馬車で昔郵便を配達するついでに人を乗せたのが始まりでバスターミナルは郵便局前が多いのです。市内を移動するのに便利なのがトラムです。路面電車で市民の足でもあり観光客にはとても便利です。その他は湖が多いということから湖船も多く運行しています。

  1. ジュネーブで人気の民泊物件を探す

ページ上部へ戻る