チェンマイで人気の民泊物件を探す

タイの北部に位置する都市、チェンマイは、人口は25万人を超え、首都バンコクに次ぐタイ第2の規模を誇る都市です。「北方のバラ」と呼ばれることもある美しい古都で、古くからビルマ族、モン族、タヤイ族など様々な民族が交流した土地で、その結果様々な文化・伝統が生まれ、その伝統を引き継ぎ、現在ではタイの芸術拠点としての役割も担っています。チェンマイ市内には美しい歴史的建造物や寺院も多く、一年を通して世界各国から数多くの観光客が訪れています。乾季の気温は25度前後と過ごしやすい地域で、治安も比較的良く、避暑地としても人気があります。また周辺は緑豊かな山岳地帯で、トレッキングやゴルフを楽しむこともできる地域です。

チェンマイの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。チェンマイで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうチェンマイの魅力

1. 多くの寺院が点在する旧市街周辺

四方を塀と城壁に囲まれた旧市街及びその近辺には数多くの由緒ある寺院が点在しています。旧市街内にあるワット・プラシンは1345年に建立され、最も格式の高い寺院として知られ、タイ北部の伝統芸術の最高傑作とも言われています。また旧市街のすぐ外にあるステープ山頂にあり、高さ22メートルもある黄金の仏塔が目を引くワット・プラ・タート・ドイ・ステープは観光客が必ず訪れる言っても過言ではないほど、人気のスポットです。

2. 緑豊かな大自然を堪能

チェンマイ郊外には標高2500メートルを超える山々が連なる山岳地帯が広がっています。そこに点在する山岳民族の村々を訪ねて歩くトレッキングツアーは観光客の間でも人気があります。多くの木が生い茂るジャングルを歩きながら、滝で水浴びをしたり、美しい野鳥や野生植物を鑑賞したり、さらにはエレファントライドなどを体験することができます。また電気も水道もない近辺の村に宿泊するツアーも人気があります。

3. タイ北部の料理を堪能

チェンマイではバンコクでは味わうタイ料理とはひと味違うタイ北部の料理を味わうことができます。タイ北部の料理はココナッツミルクをあまり使用せず、ミャンマー料理の影響を受けているとも言われています。また味が比較的マイルドなのも特徴です。ホー・ヌン・ガイ(バナナの葉で鶏肉、ナス・ハーブを蒸し焼きにした料理)、スパイスの効いたチェンマイ・ソーセージなどは、街中の屋台などでも気軽に食べることができるため人気があります。

チェンマイのおすすめ民泊観光スポット

1. ワット・プラタート・ドイ・ステープ

旧市街の北西部にあるワット・プラタート・ドイ・ステープ。標高1000メートルを超えるステープ山頂に1308年に建立された寺院で、チェンマイを代表する建物です。高さ22メートルもある黄金の仏塔には仏舎利がおさめられており、またチェンマイ市内を一望できる展望台の役割も果たしています。多くの観光客を惹き付けている人気観光スポットで、ここを訪れずしてチェンマイ観光は語ることができないと言われているほどです。

2. ドイ・インタノン国立公園

チェンマイ市から車で南に約1時間半の距離にあるドイ・インタノン国立公園。タイを代表する国立公園の一つであり、公園内にはタイ最高峰であるドイ・インタノン(標高2565メートル)があります。山頂付近は1年を通して平均気温12度ほどで大変涼しく、また森林や滝も多くあり、トレッキングツアーやバードウォッチングなどの様々なエコツアーも用意されており、緑豊かな自然を体感したい観光客に人気の観光スポットです。

3. 伝統的なお祭りに参加

チェンマイでは様々なお祭りやイベントが開催されていますが、その中でも特に多くの人で賑わうイベントはタイの旧正月をお祝いするお祭り、ソンクラーン祭です。僧侶たちが寺院で水を掛け合い身を清めて新年をお祝いしたことが始まりと言われているお祭りで、水掛け祭りと呼ばれることもあります。チェンマイのソンクラーン祭は毎年パレードなども行われ、また多くの観光客も参加して大変な賑わいを見せることで有名です。

ページ上部へ戻る