ドバイで人気の民泊物件を探す

ドバイはアラブ首長国連邦の首都・第2の中心都市として位置付けられている都市です。気候は夏と冬の2季で、夏季には気温が50℃近くに達することあります。湿度も高く、高温多湿な地域となっています。ドバイの住人の多くは外国人で構成されており、特にインド人の出稼ぎ労働者が多く移住してきていることが特徴的です。言語はアラビア語ですが、英語、ヒンディー語、タガログ語など、多くの言語が使用されています。またドバイはイスラム教が国教ですが、多国籍の外国人が多く住んでいるため比較的宗教色が薄い地域です。近年、中東の中でも大きな都市に発展を遂げており、金融センターや高層ビル、巨大モールなども多く建設され、観光スポットとして人気が高まっています。

ドバイの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。ドバイで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうドバイの魅力

1. 経済発展が著しいドバイ

かつての石油依存経済から金融・流通・観光への転換が成功したドバイは、今や有数の観光都市となっています。そびえ立つタワーや、大型モール、豪華なホテル群などがその繁栄を物語っています。ドバイでは外国人の投資や不動産所有が自由なため、他国の人でも金融投資や取引がしやすいといった点も発展を遂げている要因です。人口の80%は外国からの居住者で構成されて活性化されている反面、地元ドバイ人は貧富の格差を感じており、矛盾した社会であると指摘される都市でもあります。

2. 自由な文化が行き交う国

多国籍な人々が行きかうドバイでは、他のUAEの国々よりも宗教や文化面で寛容な部分があります。例えば、イスラム教では基本的にはアルコールは禁止されていますが、ドバイではリカーライセンスを持つホテルのレストランなどでお酒類を飲むことができます。食事も制限が少なく、イスラム教では不浄とされる豚肉の料理を出すレストランもあります。そのほか観光客はノースリーブや短パンなどの服装でも許可されているなど、他のアラブ諸国に比べると制約が少ない自由な国となっています。

3. ドバイの治安と交通手段

多くのアラブ地域では移動手段でタクシーやメトロを利用するには少し抵抗があるかもしれませんが、ドバイは比較的治安が良いとされているため、安心してメトロやタクシーを利用することもできます。地理に詳しくない方は、タクシーを利用するとよいようです。バスも女性専用もあり、バス内の電光掲示板では行き先が確認することもできるので安心です。メトロ構内・車内も十分見どころがあり、また観光場所と直結しているスポットも多いので、旅行中の移動手段としておすすめです。

ドバイのおすすめ民泊観光スポット

1. ブルジュ・ハリファ

ドバイでひときわ高い建物の「ブルジュ・ハリファ」は、ぜひ訪れたい観光スポットのひとつです。最上階の展望デッキから、現在のドバイの街並みが一望できます。現在、18時から噴水ショー「ドバイファウンテン」も行われており、約ビル50階建てほどの高さの水が吹き上がる迫力満点のショーを見ることができます。展望台の当日券は売り切れていることがあるので、展望台に行くときにはチケット予約をしてから行くことが良いでしょう。建物の下には世界最大といわれているドバイモールが広がっています。

2. ドバイモール&水族館

ドバイモールは世界最大級のショツピングモールです。ショップ、レストラン、カフェ、スパなど約1,200店舗が出店しています。その中にスケートリンクやドバイ水族館も入っています。こちらの水族館は世界一大きな水槽で、モール側からも見ることができます。モールから見えるいくつかの水槽が無料となっており、残りは有料となっています。巨大水槽を上から見るアトラクションがあり、底がスケルトンになっているボートに乗り込んで見学します。救命胴衣を着けるので安全です。

3. デザート・サファリ

砂漠に囲まれたドバイに訪れたらぜひ参加したいツアーがデザート・サファリツアーです。ツアーの内容は盛りだくさんで、例えば砂丘を4WDで駆け抜けるスリル満点のツアー、ラクダ乗り体験やBBQが楽しめるツアー、テントを張って砂漠に宿泊するツアー、砂漠の上をサーフィンできる、サンド・ボーデイングツアーなどコースによって楽しみ方はたくさんあります。砂漠散策の途中には、砂漠地帯に生息している特有の野生動物にも遭遇できるかもしれません。どれも砂漠の自然を満喫することができます。

ページ上部へ戻る