アメリカ

政治、経済、そして観光、全てにおいて全世界から注目を集める国

世界の政治、経済の中心的存在である国、アメリカ。ニューヨークや、サンフランシスコ、ロサンゼルス、グランドキャニオン、など様々な観光地を抱える観光国でもあります。国の総面積は日本の約25倍の985万㎢で、また様々な人種や民族が暮らし、人口は世界第3位の3億人を超え、世界でも有数の多くの民族や文化が融合している多民族国家です。また広大な土地のため、地域によって、文化や気候も異なり、訪問先によって様々な体験ができるのも魅力の一つです。

アメリカの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。アメリカで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうアメリカの魅力

1. 地域により様々な気候を体験できる

アメリカは国土が広いことから、地域によって気候も大きく異なります。カリフォルニアやロサンゼルスのある西海岸は一年を通して温暖な気候、フロリダなどの南部は亜熱帯気候で比較的過ごしやすい気候であるのに対し、北部の五大湖周辺などは冬季には寒さがかなり厳しくなり、雪が多く積もり、交通網に影響が出ることもあります。但しこのような気候の違いもアメリカの魅力の一つで、一年を通して各地で多くの観光客を惹き付けている理由の一つです。

2. ボリュームたっぷりのアメリカ料理から様々な各国料理を味わえる

ボリュームたっぷりのアメリカ料理には各国の移民が持ち込んだ料理が反映されたものが多くあります。アメリカを代表するハンバーガーのルーツはアジアにあり、フライドチキンはスコットランド、ジャンバラヤはフランス、チリコンカンはメキシコなど、食事を楽しみながらアメリカの風土や歴史を楽しむことができるのもアメリカの魅力の一つです。また現在でも多くの移民を受け入れていることから、都市部を中心に世界各国の料理を味わうことのできるレストランが多くあります。

3. 国家全体では公用語がない国

アメリカでは州により公用語を英語と定めていますが、国全体での公用語は設定されていません。但し、建国上の理由から英語が国の言語として通用しており、80パーセント以上の人が英語を使用しています。英語についでスペイ語の話者が多く、約10パーセント以上の人がスペイン語を日常的にしようしています。最近では中南米からの移民が増えており、その影響でスペイン語話者が増え、銀行のATMなどはスペイン語が選択できるものが増えています。

4. 地域により治安のレベルに差がある

アメリカは銃を使った犯罪も多く発生しており、またスリや置き引きなど軽微な犯罪も多く発生しているため、日本にいるとき以上の警戒は必要です。また観光都市と言われているところでも地域によっては犯罪が発生しやすい場所もあります。安全と言われている場所でも夜間の一人歩きは避けるようにしてください。また渡航前に外務省の渡航情報や各種ガイドブックで安全情報を収集するようにしてください。

5. 様々な国からの移民が暮らす多民族国家

アメリカはヨーロッパ系、北アフリカ系、中東系、中央アジア系、ラテン系などの白人系、アフリカ系などの黒人、アジア系、アメリカインディアン系、その他先住民などの多く人種が暮らす多民族国家です。最近では中南米諸国からのヒスパニック系の人口増加が続いています。また宗教はプロテスタント、カソリックなどのキリスト教をはじめ、イスラム教、ユダヤ教、仏教、ヒンドゥー教など様々な宗教が信仰されていますが、無信仰の人もいます。

6. 都市部を中心に公共交通機関が発達

アメリカではニューヨークやサンフランシスコを中心に地下鉄や鉄道、バスなどの公共交通機関が発達しており、また料金も比較的リーズナブルで、制限時間内であれば乗り換え料金無料など、観光の際の利用にも適しています。また都市部ではタクシーも捕まえやすく、流しのタクシーも多く走っています。なお、タクシーを利用した際には料金にチップ(10パーセントが目安)をプラスすることを忘れないようにしましょう。

  1. ワシントン.D.Cで人気の民泊物件を探す

  2. フィラデルフィアで人気の民泊物件を探す

  3. ニューオーリンズで人気の民泊物件を探す

  4. シアトルで人気の民泊物件を探す

  5. マイアミビーチで人気の民泊物件を探す

  6. ハワイで人気の民泊物件を探す

  7. ヒューストンで人気の民泊物件を探す

  8. オースティンで人気の民泊物件を探す

  9. アトランタで人気の民泊物件を探す

  10. サンディエゴで人気の民泊物件を探す

ページ上部へ戻る