ボストンで人気の民泊物件を探す

ボストンはアメリカ・マサチューセッツ州の北東部、サフォーク郡にある都市です。人口は約65万人です。マサチューセッツ州最大の都市でもあります。人種構成は主に白人が約半数、そのほか黒人やアジアやヒスパニック系で構成されています。「ニューイングランドの首都」とも呼ばていて、経済、文化の中心地として大きな役割を果たしています。年間1600万人の観光客が訪れる観光都市でもあり、街のもつ長い歴史から残る豊富な観光資源が魅力です。また国内では比較的治安のいい地域として、その住みやすさにも注目が集まっています。気候は日本と同様に四季があります。そのため、夏の日中は30℃を超える日も多く、一方で冬には雪が降ることも多いです。

ボストンの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。ボストンで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうボストンの魅力

1.歩いて回れるアメリカのウォーキングシティ

ボストンは、歩いて回ることができるほどコンパクトな市です。その狭さから「ウォーキングシティ」とも呼ばれていて、地面に赤い線が引かれた約4kmのウォーキングコース、フリーダムトレイルがあります。ボストンコモンから始まり、州議事堂、パークストリート教会、オールドサウス集会所、旧州議事堂、オールドノース教会、チャールズタウンのバンカーヒル記念塔など、16の公式スポットを巡ることができ、観光客にも人気のコースです。

2.アメリカでもっとも歴史の深い街

ボストンはアメリカでもっとも古い街のひとつといわれているため、あちらこちらに古いレンガの街並みを見ることができます。17 世紀にイギリスから渡って来た人々によってつくられ都市なので、ヨーロッパ的な雰囲気も感じられます。ボストン大虐殺、ボストン茶会事件など、歴史に大きな影響を及ぼした土地でもあり、残されたその史跡は今でも重要な観光資源です。その歴史の深さから、日本の京都とも姉妹都市として協定が結ばれています。

3.世界最高峰の教育の中心地

1635年にアメリカ初の公立学校となるボストン・ラテン・スクールが創設されて以来、ボストンは学術都市として発展してきました。市を中心として、周辺にはハーバード大学やマサチューセッツ工科大学など、世界最高峰の学術機関が存在しています。ほかにも多くの総合・単科大学があり、高等教育の中心地であるとともに、医療の中心地としても機能してきました。また、エレクトロニクスも市の経済を支える重要な役割を担っていて、世界中からエンジニアが集まる工業の街でもあります。

ボストンのおすすめ民泊観光スポット

1.ボストン・パブリック・ガーデン

ボストン・パブリック・ガーデンは、ボストンの中心にある公園です。市によってさまざまな植物が生育・保全されていて、年間を通して四季折々の花々を楽しむことができます。ジョージ・ワシントン像をはじめとした数多くの銅像があり、湖ではペダル式のボートでハクチョウを観察することもできます。噴水前のテーブルでは景色を楽しみながら休憩する人の姿もあります。花壇添いのベンチの数も多いので、暖かい日にはランチスポットとしてもおすすめです。

2.アメリカで最も古いレストラン、ユニオン・オイスター・ハウス

ユニオン・オイスター・ハウスは、1826年にオープンしたアメリカ最古のレストランです。1階はオイスターバーがメインで、フロア中央のカウンターではスタッフがオイスターの殻をはぐ様子を目の前で見ることができます。生ガキだけでなく、クラムチャウダーやロブスターも人気です。内部のインテリアも創業当時のまま残されており、歴史を感じさせる造りも魅力です。ボストン名物のシーフードをたっぷり堪能できるとあって、多くの観光客の集まる定番のレストランです。

3.アメリカのボストン公共図書館

ボストン公共図書館は、アメリカ最古の公共図書館です。会員制が主流だった時代に、この図書館が初めて無料での資料の貸し出しを始めました。現在では地元の人だけでなく、誰でも自由に入ることができます。重厚な造りと、大理石が使われた豪華な内装は圧巻です。その荘厳な歴史と世界観を求めて、世界中の本好きがこの図書館を訪れます。併設されたカフェではアフタヌーンティーが楽しめるとあって、地元の人にも人気のスポットです。

ページ上部へ戻る