フィラデルフィアで人気の民泊物件を探す

フィラデルフィアはアメリカ北東部に位置するペンシルバニア州を代表する都市です。約150万人の市民が暮らしています。人種構成は主に白人とアフリカ家が大半を占めています。名門ペンシルベニア大学やドレクセル大学など、多くの大学があるためアメリカ最大の学生人口を持つ都市のひとつでもあります。夏は湿潤で冬は雪も降りますが、夏の平均気温が30度を下回ることから比較的過ごしやすい気候です。治安はおおむね良好で、安心して観光できる都市です。商業の街としても有名ですが、長い歴史を持つこの都市にはインデペンデンス国立歴史公園があり、独立記念館などアメリカの独立に関わるスポットも存在します。芸術に関しても非常に発達した都市として名が知れており、歴史の深い美術館や音楽が観光客を魅了しています。

フィラデルフィアの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。フィラデルフィアで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうフィラデルフィアの魅力

1. 芸術文化の盛んな大都市

古くから芸術的な文化の集まるオシャレな街として栄えてきたフィラデルフィアには、個人コレクションが展示されているバーンズ・コレクションや、全米有数の規模をもつフィラデルフィア美術館などの人気のスポットが多くあります。また、音楽の盛んな街としても知られており、市の顔でもあるフィラデルフィア管弦楽団は、アメリカ5大オーケストラの一つにも数えられています。21世紀からは市内にあるキメル・パフォーミング・アーツ・センターで演奏を聴くことができ、多くのファンを楽しませています。

2. チーズ料理の名所

「フィラデルフィア」。日本では同名商品のチーズが広く知られています。実際にフィラデルフィアは、アメリカ国内でもチーズが特に有名でチーズ料理が人気です。その中でも「チーズステーキ」と呼ばれるサンドウィッチはポピュラーな料理です。炒めた薄切りの牛肉と特産のチーズをパンで挟んだシンプルな料理ですが、長年市民に愛されてきたソウルフードです。Genos steaksでは本場・フィラデルフィアのチーズステーキを堪能できます。

3. 独立宣言のおこなわれた場所

フィラデルフィアはアメリカ独立宣言の署名がおこなわれた場所で、まさにその舞台であった州議事堂は現在、独立記念館と呼ばれています。歴史的価値のある建物は世界文化遺産になっており、アメリカの歴史を感じられる場所として観光客から関心を集めています。朝の9時から館内を30分ほどかけて案内してくれる無料ツアーがあり、毎日8時半から整理券が配布されています。ペンシルベニア州議事堂や独立宣言を起草した広間を確実に見学したい場合、1.5ドルでwebにて事前予約がおこなえます。

フィラデルフィアおすすめ観光スポット

1. イタリアンマーケット

フィラデルフィアには多くの移民が住んでおり、その国々のお店も並んでいます。その中でもイタリア移民が開いた「イタリアンマーケット」は100店以上の屋台が並び、市内でも最大規模を誇る市場として知られています。約100年以上もの歴史があり、この地に深く根付いてきたことからも最大の市場である理由が見て取れます。もちろんこの街の名産であるチーズも各種揃っており、ほかにも焼き立てのパンやパスタを作るための食材なども手軽に入手できます。

2. ベンジャミンフランクリン橋

フィラデルフィアの象徴ともいえる「ベンジャミンフランクリン橋」は1926年の完成当時、533mの世界一の長さを誇る単支柱のつり橋として華々しく誕生しました。現在でもその立派な佇まいは街を訪れる観光客たちを魅了します。雄大なデラウェア川を眼下に眺め、フィラデルフィアの芸術的な街並みを眺望することができます。またライトアップもおこなわれており、その美しい光は街の夜景に花を添えます。橋と夕日とのコントラストがロマンチックなムードを醸し出しています。

3. フィラデルフィア美術館の芸術性

芸術文化の発達したフィラデルフィアには、数々の有名な美術館があります。なかでもアメリカ有数の美術品を所有するフィラデルフィア美術館は有名です。100年以上の歴史を持つこの美術館は世界的にも名が知られており、代表的なセザンヌの「大水浴」やゴッホ の「ひまわり」をはじめとして、約30万点もの美術品数を誇っています。古代から現代美術まで幅広く著名な作品があり、収蔵品の数だけではなく質も目を見張るものがあります。映画「ロッキー」の主人公の銅像が美術館前に設置しており、多くのファンを出迎えます。

ページ上部へ戻る