サンフランシスコで人気の民泊物件を探す

サンフランシスコはアメリカの西海岸を代表するカルフォルニア州の超人気観光スポットです。多様な文化が入り混じり、常に最先端の文化や流行を発信してきたロマンと人間味に溢れる街です。夕日が美しい海岸と坂道の多い美しい街並みは訪れるものを魅了します。サンフランシスコ市には約80万人が住んでおり、白人のみならずアジア人やヒスパニック系、黒人などが肩を並べて暮らしており、同性愛者にも寛容なことで有名です。気候は一年を通じて温暖で過ごしやすいですが、昼夜の寒暖差は少し大きく霧が出ることもあります。治安は市街地の中心部の一部を除いてとても良く、海外旅行初心者の方からも人気がある都市です。

サンフランシスコの民泊物件を探す

エクスペディアグループの民泊サイト「HomeAway」には200万件もの民泊物件が掲載されています。サンフランシスコで民泊をお考えの方はぜひご覧ください。

HomeAwayのサイトを見る

民泊で味わうサンフランシスコの魅力

1. 主要な観光地を歩いて回れるコンパクトな街並み

市街地の中心部にあるユニオンスクエア、チャイナタウン、高級住宅街のノブヒル、西海岸最大の金融街として有名なフィナンシャルディスリクト、港の風景が美しいフィッシャーマンズワーフ、サンフランシスコの代名詞とも言えるゴールデンゲートブリッジ、そして市民の憩いの場、ゴールデンゲートパークなど、主要な観光地が狭いエリアに密集しており、1日~2日もあれば主要スポットをぐるりと回れる点が魅力です。人気のケーブルカーに乗ってサンフランシスコの風を浴びながらのんびり観光地を回るのは最高の贅沢です。

2. 世界各国の料理が楽しめるグルメタウン

多様な人種が入り混じって暮らすサンフランシスコでは、世界各国の料理が楽しめるのも魅力です。ハンバーガーやステーキなどの典型的なアメリカ料理はもちろん、チャイナタウンでは中華料理が、ジャパンタウンでは和食を楽しむことができます。また、イタリアン、フレンチ、スペイン以外にもベトナムやタイなどアジア料理のお店も充実しているのでレストラン探しに困ることはありません。フィッシャーマンズワーフで新鮮なシーフードを屋台で楽しむこともできます。最近ではラーメンも人気で注目店がいくつも出てきています。

3. 最先端のテクノロジーと、芸術が融合する街

世界を代表するテクノロジー企業が集結するシリコンバレーまで車で1時間のサンフランシスコは、最先端のテクノロジースタートアップ企業の集積地としても有名です。市街地の中心部にオフィスを構えるTwitterをはじめ、Airbnbもサンフランシスコで生まれました。一方で、サンフランシスコはアートの街としても有名で、美術館はもちろん、街のいたるところでお洒落なアートギャラリーを見つけることができます。

サンフランシスコおすすめ観光スポット

1. ゴールデンゲートブリッジ

サンフランシスコを代表する観光名所と言えば、やはりサンフランシスコ湾と太平洋が接続するゴールデンゲート海峡にかかる赤い吊り橋、ゴールデンゲートブリッジです。全長約2,700メートルの橋の上から眺めるサンフランシスコの街並みも、海岸から眺める夕日に照らされたゴールデンゲートブリッジも魅力です。霧がかかることも多くなかなか全貌を見ることは難しいですが、霧がかったブリッジも幻想的な美しさで、必ず訪れたいスポットの一つです。

2. フィッシャーマンズワーフ

フィッシャーマンズワーフは直訳すると「漁師の波止場」。その名の通り、サンフランシスコの港町としての雰囲気を存分に味わえる大人気の観光スポットです。海岸沿いにはレストランが立ち並び、いつでも観光客で賑わっています。新鮮な魚介類、特にカニとクラムチャウダーをパンの器に入れて食べる料理が有名で、屋台でもレストランでも楽しむことができます。フィッシャーマンズワーフ沖に浮かぶ、かつて悪名高い囚人達が投獄されていたアルカトラズ島へのツアーも大人気です。

3. ユニオンスクエア

サンフランシスコのダウンタウンの中心にあり、多くの旅行者にとって旅の出発点となるのがこのユニオンスクエアです。冬はスケートリンクともなるユニオンスクエアは待ち合わせ場所の定番でもあり、ユニオンスクエアの周りには有名な高級ホテルやMacy’sをはじめとするデパートや百貨店、ブランドショップやレストランなどが集結しているのでショッピングにも適しています。ケーブルカーの発着駅にもなっているので、観光の拠点として使いたいスポットです。

ページ上部へ戻る